FC2ブログ

弁護士田島正広の“立憲派”ブログ

田島正広弁護士が、注目裁判例や立法動向、事件などを取り上げ、法の支配に基づく公正な自由競争社会の実現を目指す実務法曹としての視点から解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本人死刑執行に見る日本政府の人権感覚

「残念」も中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府

【 日本政府は中国当局が日本人死刑囚の刑を執行したことについて、「残念」(鳩山由紀夫首相)としながらも、中国側に新たな懸念などを表明することはなかった。
 首相は6日夕、記者団に対し、「司法制度が違う状況の中で(刑罰が)厳しすぎるという思いはあるが、このことで日中に亀裂が入らないように政府としても努力する」と述べた。】

(6日・産経新聞)

自由主義と民主主義に由来する罪刑法定主義の意味するところとしては,罪刑の均衡が挙げられます。それは各国の主権を前提にする国内法制に基づくものである限り,一見すると各国の事情に基づく均衡のようにも見えます。しかし,何故に国連が国際人権規約を定めたのでしょうか。それは人権というものは現代国際社会においては普遍性を持つべき概念であるとの前提があるからです。

中国が同規約を受け入れているかどうかとか,あるいは中国国内の人権保障が法律の下のそれでしかない,などという相手国の事情は,我が国の主権と国民の保護の観点からはどうでもよいことです。我が国は近代人権国家なのですから,近代刑法の大原則である罪刑の均衡を主張すればよいだけのことです。薬物の営利目的所持等が死刑に相当する犯罪ではないという国際社会の常識を主張すればよいだけのことです。相手国の国内事情に配慮して,国民が不当に死刑になっても本気でものを言わないというのは,人権国家の政府のありようなのでしょうか。私は大いに疑問を持っています。

思えば,安政の不平等条約において,日本は列強から治外法権を押しつけられました。日本で外国人が犯罪を犯しても,日本の裁判所では裁けない訳です。それは日本に近代的な裁判システムがないことが理由だったはずです。それなら,人権保障がなく,罪刑の均衡もない刑法を持ち,密室司法で裁判の公平・公正の担保もない国は,同様のことが言えるのではないでしょうか。もちろん,現代において治外法権など求める訳もありませんが,少なくとも人権国家日本の政府としては,超法規的手法によってでも国民を保護すべきであったし,それがかなわなかったのであれば,よほど真剣に抗議するのが筋というものです。

今回の死刑執行は,毒入り餃子事件の犯人検挙と実にタイミングがよかったですね。中国が毒入り餃子事件で大国としてのメンツを失い,日本にひれ伏すような印象を与えることのないよう,バーターで執行されたように思えてなりません。そうであればあるほど,外交大国を目指して,日本は言うべきことを言うべきではなかったのでしょうか。未だNOと言える日本になっていないとの印象をぬぐい去ることができません。


弁護士 田島正広

○関連リンク
田島総合法律事務所
フェアリンクスコンサルティング株式会社
パンダ君のコンプラ





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本の死刑時には、、

Hello
こちらはUSAからでございます。日本の死刑制度には興味がござます。わが国では死刑当日家族が希望すればあの世に行くまで見届けられる制度もありますが、日本の場合は家族立会いはできるのですか? お話は違いますが、お花見をしながら昼食タイムとあり、日本的な風景が目に浮かびました。

California | URL | 2010年04月26日(Mon)15:04 [EDIT]


Re: 日本の死刑時には、、

コメントありがとうございます。
日本では死刑執行の際に,被害者遺族の立ち会いは認められてはいません。

刑罰には,応報(復讐),一般予防(見せしめ),特別予防(更生),治安維持(再犯のおそれを除去)といった要素があり,被害者遺族の立ち会いは応報的要素から根拠付けられることになる訳ですね。

この点,私は,死刑への被害者遺族の立ち会いよりも,むしろ,死刑制度において忘れられがちな死刑囚の反省・悔悟を促す過程に魅力を感じます。すなわち,懲役刑受刑者と異なって,死刑囚は死刑執行のためだけに勾留されているので,執行に至る間,反省・悔悟を促すようなプログラムはありません。しかし,それ故にこそ,凶悪犯罪を犯しながら,被害者への反省の弁一つなく死刑が執行される死刑囚も散見されているように思われます。以前に読んだある殺人事件被害者遺族の話に,殺人犯である死刑囚との面会を通して,死刑囚自身も反省を深め,遺族も殺人事件を精神的に克服することができたというくだりがあったのですが,それこそが刑罰のあるべき姿なのではないかと思います。すなわち,凶悪犯罪を犯した者が再び人間性を取り戻すための手段ではないかと(そうであれば,いよいよ反省している者を死刑にするべきなのかの議論があり得るでしょうが)。

死刑への立ち会いも遺族の復讐感情からは重要でしょうが,それだけでは,遺族自身も救われないのではないでしょうか。死刑囚に反省を促すためのプログラムを死刑囚の勾留において実施して,その反省・悔悟を深めさせること,そして真摯な反省の弁を被害者遺族に伝えさせることこそが,被害者遺族への最大の慰撫になるように思えます。

いかがお考えですか?

弁護士 田島正広 | URL | 2010年04月26日(Mon)17:20 [EDIT]


こんばんわ,日本は夜ですね。こちらは月曜日の朝になりましたが。応報、一般予防、特別予防,治安維持、初めて伺いましてお勉強させていただきました、ありがとうございます。死刑制度に反対する法律家さんは多いようですね。それだけ犯罪を犯した人の弁護をされるわけでしょうから。それに受刑者が死ぬことで受けた被害は終わりではないわけですからご遺族にとっては何故家族が死ななければならなかったのか?という疑問に生涯をかけて償うのも必要かもしれませんよね。生きていくことの厳しさを身をもって知る必要も大事ですよね。

わたくしが思うのに、日本の刑法の甘さを感じています。例えば未成年者の犯罪では加害者の人権を優先したような、アメリカでは犯罪に年齢は関係なく法が適応されますから、人を殺せば、未成年者だから名前を伏せるなどとはしませんしね。お国が違えばなんでしょうけど。

California | URL | 2010年04月26日(Mon)22:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。