FC2ブログ

弁護士田島正広の“立憲派”ブログ

田島正広弁護士が、注目裁判例や立法動向、事件などを取り上げ、法の支配に基づく公正な自由競争社会の実現を目指す実務法曹としての視点から解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

普天間基地移設問題と日米の対等なパートナーシップの必要性

普天間移設はシュワブ陸上-ホワイトビーチの2段階で 政府方針判明

【 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で25日、政府の方針が判明した。当面は米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部に600メートル級のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)を建設し、最終的には米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖合を埋め立てて代替基地を造るという「2段階移設案」で対米交渉に臨む。】

(25日産経新聞)

 普天間基地移転問題については,国益の観点からの米軍基地の必要性と近隣住民の安全・生活の平穏といった利害の衝突がありますが,いざ移転となると,国内候補地からは反発を受けることはあっても歓迎されることはないのが現状です。そのため,移転先候補に国外が挙がる訳で,有事の際にヘリコプターが展開できるかを後回しにした議論が展開されることにもなります。

 この問題を考える時,なぜ米軍基地がこれほど煙たがられるのかを先に考えた方がよいように思います。もちろん,基地の移転を受け入れることで産業基盤が形成されることへの期待感を持つ方もいることでしょうが,反面,基地があれば,土壌汚染の虞を否定することはできないでしょうし,事故でも起ころうものなら被爆の虞すら感じる人も多いことでしょう。核兵器の我が国への持ち込みについては,近時の調査で過去のうやむやな経緯が明らかにされつつありますが,近隣住民の安心・安全に力点を置いた外交の不在こそが,基地への拒絶感の根幹をなしているのではないでしょうか。

 また,米軍人の性犯罪をはじめとする重大犯罪に対しては,捜査段階の身柄確保に地位協定上の限界があります。米国側も引き渡し義務のない起訴前段階において任意に身柄引き渡しに応じる運用を取っているといっても,今後どこまでそのような対応が継続実施されるのかは法的には保証の限りではありません。このような状況の中で,子どもを持つ親に不安感を持つなというのは無理というものです。

 日米地位協定の不平等性はつとに指摘されるところですが,サンフランシスコ条約から60年近くを経た今日,真に対等なパートナーシップを確立することによってこそ,基地近隣住民の安心と信頼の土壌が醸成されるように思われます。これ抜きに基地移転先をどこにするかを議論しても,それは臭いものの押し付け合いでしかないように思います。国益の観点から基地の必要性について納得感があり,同時に地域住民の安心・安全にも配慮し,地域経済の発展にも貢献できる基地移設でなければ,誰もそれを受け入れたくはないことでしょう。

弁護士 田島正広

○関連リンク
田島総合法律事務所
フェアリンクスコンサルティング株式会社
パンダ君のコンプラ







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。