FC2ブログ

弁護士田島正広の“立憲派”ブログ

田島正広弁護士が、注目裁判例や立法動向、事件などを取り上げ、法の支配に基づく公正な自由競争社会の実現を目指す実務法曹としての視点から解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【北ミサイル発射】と安保論議

【北ミサイル発射】韓国でミサイル防衛論議盛んに 安保意識も高揚

今回の弾道ミサイル発射については,政府も冷静に対応しており,特段パニックなどもなく一安心という方も多いことでしょう。ただ,こうした件があると,いやがおうにも安保論議は(どのような方向に向かうにせよ)高まることになるわけで,その際には今朝の報道でもあったように,与党の一部議員から核武装論が示されるようなことにもなってくるわけです。

どのような防衛体制を取るべきか,ひいては正面から改憲して自衛隊を軍隊として保有すべきかについては,国民的議論を経ることが大前提ですが,その際,私は過去の負の歴史を繰り返してはほしくないと思っております。それは,満州事変での軍部暴走を国民が喝采して迎え,政府も追認して,結局は太平洋戦争まで続く戦争の時代に突入していった歴史です。立憲主義を機能させられるかは国家権力に対する歯止めをどのように設定できるかに係っていると思います。国民主権国家においては,最後は民主的なコントロールをもってそれを実現しなくてはいけないわけで,国民が日頃から安保体制のあり方に意識を持っていくことの重要性を改めて感じるゆえんです。

弁護士 田島正広




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。