FC2ブログ

弁護士田島正広の“立憲派”ブログ

田島正広弁護士が、注目裁判例や立法動向、事件などを取り上げ、法の支配に基づく公正な自由競争社会の実現を目指す実務法曹としての視点から解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「『昭和』を点検する」(保阪正康+半藤一利)

「『昭和』を点検する」(保阪正康+半藤一利)

最近,「『昭和』を点検する」(保阪正康+半藤一利)を読みました。昭和史,特に戦前,戦中については権威ともいうべきお二人の対談を書籍化したもので,お二人の歴史観がそのまま著されています。「世界の大勢」,「この際だから」,「ウチはウチ」,「それはお前の仕事だろう」,「しかたなかった」という対談主催者側の用意したキーワードをベースに対談が展開します。このキーワードを見ただけでも内容は想像がつくことと思いますが,戦前・戦中の日本において,情報収集・分析力が不十分であり,情報に的確に依拠した戦略論が存在せず,さらには建設的な議論も封殺されて,甚だ狭い視野に立った主観的な戦略展開しかなされなかったことや,官僚組織の省益優先の態度と責任のなすりつけの傾向,さらには結果に対する無責任な体制のありさまなどが,よく紹介されています。

以前,防衛大学校の戸部良一教授をはじめとする著者陣による「失敗の本質」を読んだことがありますが,旧日本陸海軍の失敗した諸作戦の考察から結論付けられる失敗の原因や旧日本軍の体質と,本書の論調はよく通じるところであり,最後は悲惨な結末を迎えることになる昭和史前半の流れを振り返るとき,空しさがあふれてきます。

ところで,歴史を学ぶことは,現代をひもとくためにこそ有用というものです。果たして上記キーワードは現代日本において十分に克服されているといえるのでしょうか?例えば,自衛隊のイラク派遣を始めとするテロ特措法恒久法化の議論などを観ていると,アメリカの積極的な軍事展開は「世界の大勢」と強調されていなかったでしょうか?また,日米同盟を主軸とする日米関係を維持していくためには「この際しかたがない」との論理はなかったでしょうか?

あるいは,縦割りの下,省益優先の官僚組織の弊害はつとに指摘されるところですが,そうした官僚組織の自己保身の中で「ウチはウチ」,「それはお前の仕事だろう」といった言葉は未だに聞かれる言葉ではないでしょうか?

これらのキーワードが十分克服されていないとなれば,それはまたもや同じ失敗を繰り返すリスクが存在することを意味することにもなるでしょう。真に空しい気分に陥るばかりです。

弁護士 田島正広

○関連リンク
田島総合法律事務所
フェアリンクスコンサルティング株式会社
パンダ君のコンプラ




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。