弁護士田島正広の“立憲派”ブログ

田島正広弁護士が、注目裁判例や立法動向、事件などを取り上げ、法の支配に基づく公正な自由競争社会の実現を目指す実務法曹としての視点から解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グーグル・ストリートビューのその後

「Google“ストリートビュー”は肖像権・プライバシー権の侵害」--日弁連が意見書

【 日本弁護士連合会(日弁連)が、Googleの「ストリートビュー」など多数の人物・家屋などを映し出すインターネット上の地図検索システムに対して、市民の肖像権・プライバシー権を侵害する違法行為にあたる可能性があると指摘した意見書を公表した。】

(12日・CNET Japan)

 この問題については,以前このブログでも取り上げたことがありました。私見は,そちらを援用することにします。
    ↓↓↓
グーグル・ストリートビューの功罪

 その後,議論が深まる中で,被写体である人物や居宅内風景の写り込み状況,住居地域での撮影状況,撮影が通行人や車輌運転手の目線ではなくより高い位置からのものであることの考慮,さらにはプライバシーに対する保護レベルの設定の不完全さと事後的救済措置の運用における公平性の担保の不備など,諸々の点が指摘されています。

 こうした問題の経験を通して,情報集約可能な巨大ビジネスが,人権感覚に基づく運用を積極的に展開してくれることを期待しています。

弁護士 田島正広

○関連リンク
田島総合法律事務所
フェアリンクスコンサルティング株式会社
パンダ君のコンプラ





スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。